2010年06月16日

高速道路5社、会長・社長が一斉交代(レスポンス)

高速道路会社5社の新しい代表取締役会長兼社長予定者について、政府は15日の閣議で口頭了解した。前原国交相が同日午前の閣議後会見で発表した。

高速道路会社には、これまで代表権を持つ取締役会長と代表取締役社長の2つのポストが存在した。新しい人事では、会長と社長を兼任させ、さらに民間からの登用とした。

高速道路会社は、05年の公団民営化で、高速道路の管理運用を担う民間会社として誕生、民営化前の旧日本道路公団出身者や官僚OBが役員として就任していたが、この人事で一掃される。

新しい代表取締役会長兼社長予定者は以下の通り(年齢・略歴)

●東日本高速 佐藤龍雄氏(63)
昭和電工代表取締役兼専務執行役員から常任顧問

●中日本高速 金子剛一氏(66)
住友スリーエム副社長から特別顧問

●西日本高速 西村英俊氏(68)
ニチメン・日商岩井ホールディングス、双日ホールディングス社長から双日顧問

●首都高速 橋本圭一郎氏(50)
三菱銀行、三菱自動車を経て、フィッチ・レーティングスジャパンCEOからアサツーディ・ケイ顧問

●阪神高速 大橋光博氏(67)
日本銀行を経て、西京銀行頭取からMRI代表取締役

本州四国連絡高速は、07年6月に東洋紡績専務、東洋紡不動産社長だった伊藤周雄(ちかお・70)氏が就任。再任の予定。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】無料開放、6月28日午前0時から
【高速道路新料金】「地方に冷たく都市部に手厚いは誤解」前原国交相
本四高速の3月期単独決算…台数20%増でも収入27%減
NEXCO東日本 東日本高速道路 特別編集
NEXCO中日本 中日本高速道路 特別編集

<中国電力>島根原発点検不備で厳重注意処分(毎日新聞)
梅雨入り 関東甲信、東北南部も 平年より遅く(毎日新聞)
菅内閣誕生 国民新・新党日本が統一会派(産経新聞)
<AKB48>脅迫容疑で27歳男逮捕 カッター送り付け(毎日新聞)
<窃盗>コンビニで「今から盗むけん、警察呼んでくれ」と万引き 「刑務所行きたくて…」(毎日新聞)
posted by オオコシ ヒロユキ at 10:39| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

参院選出馬の舘信秀氏、サポーターにマッチ、右京、中嶋らレーサー仲間大集結(スポーツ報知)

 参院選に、みんなの党から比例代表で出馬する元レーサーでレースチーム代表の舘信秀氏(63)は7日、自身のサポーターズクラブの設立を発表した。都内での会見には、歌手でレーサーの近藤真彦に加え、元F1ドライバーの中嶋悟氏と片山右京氏らが大集結。陣営の選対本部長に鈴木亜久里氏の就任も決まり、モータースポーツ界を挙げての応援態勢が出来上がった。

 マッチは「舘さんは一般の知名度はないかもしれないが、みんなを引っ張る力があります」とアピール。今後はサーキット等で行うイベントで、舘氏の信念を伝えていく。

 アジェンダ(政策目標)として、エコカーの公道レース開催や自動車産業活性化を掲げた舘氏。「政治のことはわかりませんが」と、議員候補として手腕が未知数であることを自認しながらも、「熱い思いを持って挑戦したい」。強力メンバーのサポートで、アジェンダ実現という“チェッカーフラッグ”を目指す。

 【関連記事】
マッチ悲痛 右京さんへ「かける言葉もない」…前夜も食事していた
マッチ「ノリでやっちゃいました」初のサイン会
マッチ、紅白まで突っ走る…21年ぶり全国ツアー開始
近藤真彦、「金スマ」高視聴率に「大変うれしい」
みんなの党 比例代表 舘信秀 を調べる

遷都1300年協会に脅迫文=43歳男を逮捕―奈良県警(時事通信)
朝日生命からも3600万円詐取 元新聞販売店店員ら再逮捕(産経新聞)
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
株式会社ファミリーマートのレジ液晶画面にコンテンツを提供
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
posted by オオコシ ヒロユキ at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

<情報公開>「入学者数公開」大学に義務付け…中教審了承(毎日新聞)

 文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」大学分科会は26日、入学者数や就職者数の情報公開を11年4月から大学や短大、大学院、高等専門学校に義務付ける大学設置基準等の改正を諮問通り了承した。

 情報公開が義務付けられるのは、入学者数や在学生数、定員、卒業・修了者数のほか、進学・就職者数といった進学就職状況。教員の数や教員の持つ学位や業績、年間の授業計画など9項目にわたる教育研究情報も含まれる。パンフレットなどの刊行物やホームページなど広く周知できる方法で公表しなければならない。

 同省によると、私立大学の中には、合格者数だけしか公表せず、定員割れかどうかの実態が分かりにくいところもある。

 また、就職率は、大学による差が明確になってしまうため、大学側は公表には消極的だ。審議の過程でも、就職率は大学だけの責任とは限らず、地域の求人率なども関連するとの声が上がったが、「就職も大学教育の成果」として盛り込まれることが決まった。

 同省は「教育の質を向上させ、進学を希望する生徒や保護者の利益を図るため」と説明している。義務化後、情報公開について、各大学の状況を見ながら、大学側が説明責任を果たしているかどうかを点検する。私学助成や競争的資金の配分・選定などの際、評価ポイントにすることも検討する。【本橋和夫】

民主・辻議員に融資返還請求、供託金巡り提訴(読売新聞)
農林統計の講習会「廃止」=「田んぼ生きもの調査」も―仕分け最終日(時事通信)
暴力団 コンビニ標的に用心棒代…資金難で新手法(毎日新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
<口蹄疫>「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明(毎日新聞)
posted by オオコシ ヒロユキ at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。